【インスタグラム】1日の利用者が世界で1億人を超えた新機能がこちら

<インスタグラム>気軽に投稿 24時間で消える「ストーリー」

6-1

記事によると

  • 24時間で自動的に投稿が消えるインスタグラム(インスタ)の新機能「ストーリー」。今年8月に導入され、10月6日に1日の利用者が世界で1億人を超えた
  • 運営会社によると、インスタの愛好者は、タイムラインを自分の「作品」を飾るギャラリーのように捉えており、「日常的なスナップなどを投稿しにくい」という声に応えた。
  • 柴犬「まる」の写真が人気を呼んで2500万人のフォロワーがいる東京都文京区のコンサルタント業、小野慎二郎さんも、新機能を歓迎した一人だ。小野さんは「24時間で消える安心感がある。疲れた顔の『まる』でも気軽に投稿できる」と気に入っている。
  • フェイスブックによると、日本でのインスタグラムの1カ月あたりのアクティブ利用者数は1200万人にとどまるが、世界では5億人でツイッターの3億2000万人を上回る。投稿される写真と動画は、1日平均9500万本。

詳細はコチラ

Instagram(インスタグラム) – Wikipedia

instagram_icon

Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有(英語版)アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラス(英語版)といった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。
iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。
コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。

概要

ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツ(英語版)の2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。Burbn という名の当初のプロジェクトには数々の機能があった。クリーガーが参加したあとでチームは、モバイルにフォーカスしたものを選択した。そこで残ったものがインスタグラムである[3]。
2010年10月6日、アップルのApp Storeに登場したインスタグラムは、同年12月までに100万人の登録ユーザを獲得。登録ユーザ数は翌2011年6月までに500万人を突破し、同年9月までには、1,000万人に達した。
2010年10月、インスタグラムの発表された直後に、コミュニティ・マネジャーとしてジョシュ・ライデルが加わった。同年11月には技術者としてシェイン・スウィーニーが、翌2011年8月にはコミュニティ・エヴァンジェリストとしてジェシカ・ゾールマンがそれぞれ加わった。
2011年1月、ハッシュタグが導入され、写真探しが容易になった。同年9月、ヴァージョン2.0がApp Storeに登場した。このアップデイトでは、ライヴ・フィルター、インスタント・ティルト・シフト、4つの新フィルター、高解像度画像、オプションのボーダー、ワン・クリック・ローテーションが加わり、アイコンが新しくなった。
2011年7月、インスタグラムは、同サービスに1億点の画像がアップロードされたことを発表、同年8月には総数1億5千万点に達した。

関連記事

みんなの反応

・癒されるね!可愛い!

・画像保存されたり、魚拓取られたら意味ない気がする。

可愛い表情が活かされていますね。

・ネットに上げる時は永遠に残るものとして、安易に上げないようにすべし。

・個人情報をダダ漏らしして楽しいのかね?

・日本の企業に伝えたいんですが、「制限する」ことで逆に生まれる「体験」や「コミュニケーション」があることをわかってほしい。日本人て全乗せしたがるでしょ。ほんとセンスない

24時間で消えるって画期的で良いね!

・そこまでしてインスタしたいの?

・ごきげんで笑ってる顔の定番、舌がもう少し出ると最高にごきげん顔だな!

>こちらの記事も要チェック!


インスタはネガティブな投稿が少ないからいいね(´・ω・`)